子どもが子どもとして生きられる社会を

 

 1966年に福岡市に最初の子ども劇場が立ち上がり、文化芸術や遊びの体験を通じ子どもとおとながともに育ち合える地域をつくっていこうという大きな市民活動に発展しました。市民、アーティスト、専門家の手から手へ、親から子ども世代へと引き継がれる大きなうねりとなり、1991年には全国に707の子ども劇場、53万7000名の会員に広がりました。その後はそれぞれの地域で任意団体やNPO法人として、ミッションや名称も見直しながら、多様な活動スタイルを生み出し、子どもたちの心と命を育む体験活動・子育て支援活動・芸術文化活動・社会福祉活動などへと発展し、現在も日本全国各地で続いています。

 こうした地域の活動のネットワーク組織として1974年に全国組織(全国子ども劇場おやこ劇場連絡会)が結成され、その活動を継承・発展する法人として、1998年に「特定非営利活動法人 子ども劇場全国センター」が設立され、2004年「特定非営利活動法人子どもNPO・子ども劇場全国センター」と名称を変え、子どもが子どもとして豊かな時間を生きられる社会づくりを目指して活動しています。

 

TOPICS お知らせ

2020・3.2~7の6日間 全国8か所でママパパライン全国キャンペーン2020を実施します。

2020.1・23・24 台風15号の被災地支援として、南房総市白浜小学校と館山市館野小学校に、「アフリカンリズム&パーカッション」をホッとアートとして届けます。

2020.1・17~19 名古屋市内の児童養護施設2か所に、「アフリカンリズム&パーカッション」を届けます。(2019年度 連合。愛のカンパ助成)

2019.12 休眠預金配分の今後の予定は、2019.12~2020.1頃,実行団体の公募開始、2020.2頃、審査・選定 2020.3頃、実行団体への助成等実施・実行団体の活動開始

2019.11.29 JPNPIAが、休眠預金等活用法に基づき、資金配分団体として22団体24事業を選定し公表しました。

2019.10.8~11及び14 乳幼児や児童養護施設の子どもたちが笑顔になる参加型のワークを、子どもと文化の森子育てひろば、和歌山県センターキッズステーション 和歌山乳児院 神戸御影乳児院で 松江赤十字乳児院に、人形劇「ののはなげきじょう」を実施しました。(2019年度 連合。愛のカンパ助成)

2019.7.25 乳幼児と親との愛着形成を深めるための支援として、君津赤ちゃんの家(千葉県内乳児院)で「わらべうた」を実施しました。(2019年度 連合。愛のカンパ助成)

2018.4~2019.3 全国6か所(子ども劇場千葉県センター 名古屋おやこセンター 子どもと文化の森 しまね子どもセンター みやざき子ども文化センター 兵庫県子ども文化振興協会)でホッとアートを実施しました。

2019・3・4~9の6日間、ママパパライン全国キャンペーンを実施しました。

2019・1.10 名古屋市東部児童相談所でホッとアートを実施しました。(2018年度連合・愛のカンパ助成)

2018.12.16 明石市児童相談所でホッとアートを実施しました。(2018年度連合・愛のカンパ助成)

2018.12.5・6 宮城県立船岡支援学校、宮城県柴田市立西住小学校、第二たんぽぽ幼稚園、柴田小学校でホッとアートを実施しました。(2018年度連合・愛のカンパ助成)

2018.11.5 和歌山乳児院とNPO和歌山県センターでホッとアートを実施しました。(2018年度連合・愛のカンパ助成)

2018.3.30 内閣総理大臣が「休眠預金等活用の基本方針」を決定しました。

2018.3.5(月)~3.10(土)ママパパライン全国キャンペーンを実施しました。

2018.2.28 明石市の児童相談所で打楽器ワークショップを実施しました。

2017.12.12  NPO法人会計基準の一部が、改正されました。

2017.11.16 犬山市の乳児院で ホッとアートを実施しました。

2017.11.14 和歌山市の乳児院で ホッとアートを実施しました。

2017.11.9 福島市の幼稚園と保育所で被災地支援ホッとアートを実施しました。

2017.11.8 宮城県の小学校で被災地支援ホッとアートを実施しました。

2017.9.12 休眠預金等活用審議会における議論の中間的整理が発表され、パブリックコメントが開始されました。

2017.8.4 NPO法人会計基準の改正について、第7回会計基準委員会が開催されました。

 

 

 

 

 

 

ホッとアートプレゼント®

特設サイトへ

2008年、長期入院・療養の子どもに「笑顔のプレゼントをしたい」と始まった事業で、子どものQOL向上を願い、プロとパフォーマーと出会う交流体験事業。

全国のネットワーク団体と協働しながら実施しています。

2016年度は6ヶ所(病院 児童福祉施設 保育園等 474人)で実施しました。その他全国のネットワーク団体8団体・28ヶ所(病院 児童福祉施設等1,245人)でも実施しました。

⇒詳しく見る

特設サイトへ


子育て応援電話ママパパライン®

全国キャンペーン2018を、全国8か所で3月5日(月)~3月10日(土)に実施しました。

全国キャンペーン2019を、全国8か所で3月4日(月)~3月9日(土)に実施しました。

全国キャンペーン2020を、全国8か所で3月2日(月)~3月7日(土)に実施します。

子育て中の方が匿名で話せる相談電話。子育ての悩みだけでなく、ママ友や家族、自分自身のことなど、グチでも何でも話せてスッキリする傾聴電話です。

 

全国キャンペーン2018を、全国8ヶ所一斉で2018年3月5日(月)~3月10日(土)に実施いたしました。

 

全国キャンペーン2019を、2019年3月4日(月)~3月9日(土)をに実施いたしました。

 

全国キャンペーン2020は、2020年3月2日(月)~3月7日(土)~に実施します。

●ふだんのママパパライン

ママパパラインほっかいどう(北海道)080-6062-4735 毎週月曜(祝日以外)13時~16時

ママパパライン仙台(宮城県)022-773-9140 毎週金曜 10時~16時

ママパパラインふくしま(福島県)0242-85-7878 毎月第1・3木曜 10時-16時

ママパパラインちば(千葉県)043-204-9390 毎週金曜 10時~16時

ママパパライン東京川の手(東京都)03-3633-0415 毎月第1・3金曜 13時~16時

ママパパラインあいち(愛知県)052-203-8655 毎週水曜 10時~16時

ママパパラインわかやま(和歌山県)073-432-3690 毎週火曜 13時~16時

ママパパラインひょうご(兵庫県)080-3866-8333 078-945-8333毎週水曜 10時-14時

 

⇒詳しく見る

 

特設サイトへ